転写印刷フィルム事業

日々、進化する粘着加工技術。私たちの身の回りにある様々な商品にも多く使われ、なくてはならない加工技術になっています。粘着シートがあれば、必要になるのが『剥離紙、剥離フィルム』です。剥がされる側のシートですが、実際に使用するまで粘着面を保護し、使用時にはしっかり剥がれることが重要です。当社では、様々な粘着加工、用途に対応できる『剥離紙、剥離フィルム』を生産しています。
一言に粘着シートと言っても、使われ方は様々で、用法・用途に合わせた性能を持っています。使用される剥離紙・剥離フィルムに求められる性能も様々で、ただ軽く剥がれればいいというものではありません。お客様が必要とする性能を満たすため、多種多様な基材、ラインナップでお応えいたします。

フジコーのグラビアコーティングの特長

POINT 1
シリコーンのタイプ、硬化方式を使い分けて多様な製品を生産

【溶剤希釈型加熱硬化方式】【溶剤希釈型UV硬化方式】【無溶剤型UV硬化方式】のコーティング方法の使い分けにより、様々な剥離性能の実現と、従来使用が困難だった耐熱性のない基材へのコーティングを可能としました。

POINT 2
印刷着色により視認性の高い剥離フィルムの生産が可能

グラビア印刷との併用により、着色した剥離紙・剥離フィルムの生産を可能としました。また、専用の印刷版の使用により、意匠デザインを施した製品の生産もご提供できます。

POINT 3
帯電防止などの機能を備えた製品も生産可能

帯電防止剤・アンカーコート剤等とシリコーン塗工を組み合わせることで、様々な機能を付加した剥離フィルム・剥離紙をご提供できます。

POINT 4
スリット・ラミネートなどの加工も

多種多様なコーティングとスリット加工・ラミネート加工を組み合わせることも、自社内一貫生産により、短納期でご提供できます。

POINT 5
清浄度の高いフィルムを生産

クリーンコーター機・クリーンスリッター機により、清浄度の高い剥離フィルムの生産が可能です。(※一部製品で例外を含みます)

【使用可能基材例】
ポリエステル 工業用PET(透明/乳白)・発泡PET
ポリプロピレン OPP・CPP
ポリエチレン LDPE(乳白/透明)・HDPE(乳白/透明)・他
プラスチックフィルム
その他 各種
シリコーンが硬化しないフィルムもあります。
指定の特殊フィルムの場合、シリコーン塗布の可否判定テストを実施いたします。
上質紙・薄葉紙・グラシン紙・セミグラシン紙・他

【各種製品ラインナップ一覧】

<一般剥離フィルム>
最も基本的な構成で、様々な基材シートの片面、もしくは両面にシリコーン剥離処理を施した製品です。
<両面異差剥離フィルム>
様々な基材シートの両面にシリコーン剥離処理を施した製品です。各面の剥離力に異差をつけることで、両面にタック性のある粘着シート等に使用できます。
<帯電防止処理付き剥離フィルム>
シリコーン剥離面の裏面、もしくは剥離処理層の下層に帯電防止剤をコートした製品です。
<カラー剥離フィルム>
シリコーン剥離面の裏面、もしくは剥離処理層の下層、及び基材シートの中間層に、グラビア印刷により色づけした製品です。
<フロロシリコーン剥離フィルム>
特殊シリコーンのフロロシリコーンを使用したPETベースの剥離フィルム。通常のシリコーンでは剥離性を損なうシリコーン系粘着剤に対しても、軽い剥離力を実現しています。
<非シリコーン系剥離フィルム>
使用用途上、シリコーンの使用が不可(シリコーンの移行が不可)な場合のための剥離フィルムです。
<生産設備概要>
剥離フィルムの開発・生産には「清潔さ」が重要不可欠です。フジコーは、常に清浄度の高い製品をお届けするために、高機能な製造設備、検査技術を整え、スタッフの身支度を徹底させるなど、隅々まで工場環境を整えています。